政府・省庁コロナワクチン接種

【守口市】国の自衛隊 大阪大規模接種センターの予約受付に関するQ&A〔予約受付:5月24日(月)13時〜〕

※この投稿は、国の大規模接種の予約受付案内を守口市民の方向けに編集した内容です。

Q.予約から接種までの流れを教えてください。

  1. 守口市から接種券が郵送される(国の大規模接種予約でも守口市の接種予約でも使えます)
  2. 接種券を基に予約専用ウェブサイトまたはLINEから予約
  3. 接種券に同封された予診票に必要事項を記入
  4. 接種券本人確認書類予診票を持参し、予約した日時に大阪センターに来訪

以下は、自衛隊 大阪大規模接種センター 予約専用ウェブサイトです。

注意 Q.持病を持っていますが、ワクチンを接種することはできますか?

慢性的な病気のある方もワクチン接種ができる場合が多いですが、病気が悪化しているときには避けた方がよいと考えられます。かかっている病気によっては、接種を慎重に検討した方がよい場合がありますので、かかりつけ医とご相談ください。

Q.パソコンもスマホも持っていません。どのように予約すればいいですか?

電話による予約受付はありません。
ウェブサイトまたはLINEのみでの予約受付です。
予約の代行は、ご家族やご友人など、パソコンかスマートフォンをお持ちの方に予約をお願いしてください。
予約の代行をお願いできる方がいない場合には、守口市で行われているワクチン接種を予約してください。

注意 守口市で電話予約する場合(国の大規模接種ではありません)

以下の守口市ホームページから今後、守口市で行われるワクチン接種の予定を確認してください。

Q.接種対象者は?

大阪府(大阪市を含む)に居住する65歳以上の方
(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)

Q.予約受付期間・接種実施期間は?

予約受付期間:5月24日(月)~5月30日(日)→ 接種実施期間:5月31日(月)~6月6日(日)

予約受付期間:5月31日(月)~6月6日(日) → 接種実施期間:6月7日(月) ~6月13日(日)

〔大阪府、京都府、兵庫県に居住する65歳以上の方〕
予約受付期間:5月31日(月)~6月6日(日) → 接種実施期間:6月7日(月) ~6月13日(日)

Q.1回目の接種の予約をする際に、2回目の予約も取れますか?

予約専用ウェブサイトまたはLINEからの予約は、第1回目の接種日時のみとなります。
第2回目の接種日時は、第1回目の接種の際にセンターでお知らせします。
指定された第2回目の接種日時をキャンセルすることはできますが、改めての予約になることから、2回目の接種の予約がなかなかとれないということもありますので、ご承知ください。

Q.予約を変更・キャンセルしたいのですが?

変更は、予約専用ウェブサイトまたはLINEから一度予約のキャンセルをしてから、再度予約をしてください。

キャンセルは、そのままキャンセルしてください。

Q.65歳以上ですが、接種券が届いていません。予約をすることはできますか?

予約には接種券が必要です。接種券の送付については、守口市にお問い合わせください。

お問い合わせ

守口市役所健康福祉部新型コロナワクチン接種推進室

〒570-8666 大阪府守口市京阪本通2-5-5 
守口市役所3階
電話番号 06-6992-1221(代表)

Q.本人確認書類とはどのようなものですか?

運転免許証、運転経歴証明書、年金手帳、マイナンバーカード等です。

Q.予診票の書き方が分からないのですが?

まずは記入例をご確認ください。それでも不明な点がある場合は、5/21(金)に開設予定の専用お問い合わせ窓口にお問い合わせいただくか、大阪センターに来られた際にご相談ください。

新型コロナワクチン接種の予診票 記入例

Q.予約をした後に、接種券を失くしてしまいました。

住民票がある守口市に接種券の発行を申請してください。接種日までに発行が間に合わない場合は、接種券番号を控えたメモをセンターに持参してください。

Q.車いすを使用しています。大阪センターはバリアフリーですか?

バリアフリー対応をしていますので、車いすでお越しいただくことができます。

Q.最寄り駅からの行き方(京阪電車の場合)

京阪電車中之島線 中之島(大阪国際会議場)駅(徒歩1分) 最寄り出口:2番

Q.接種後、生活上で気を付けることはありますか?

接種後の注意事項については、厚生労働省のホームページ「新型コロナワクチンQ&A」の「接種後の生活」をご確認ください。

新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)

タイトルとURLをコピーしました